冠婚葬祭用語辞典【祭】について

一年の歳時暦を順におってみた。
忙しいくらい実はイベントがあり、しかもそれぞれの祭り、節句には地方色豊かな風習、しきたりがのこっている。
正月に祝い膳としていただくお雑煮には、各地各家さまざまなお雑煮がたくさんある。
お正月をはじめ、節分、バレンタインデー、雛祭り、子供の日(端午の節句)、母の日、父の日、七夕、敬老の日、お月見、お中元・お歳暮でお互いを確認しあい、クリスマス、大晦日と、毎年駆け巡る。
また、健康を害した場合の病気見舞いも、当人側、相手側と立場をかえてご紹介。
災害はいつやってくるかわからない。当事者にとっては大変なことである。
見舞いに行く側としては、自分ができることなら最大限にしてあげたいところである。
あとは陣中見舞い、季節の見舞いであるが、いずれもお互いを確認しあい、励ましあうものであってほしい。
イベントの上にしきたりという各地方の気候・風土や、気質などによって、生まれ育った伝統的な決まりが大きな役割を占めているために、その時々でやりかたがちがい、日本は広いなぁと思うのである。
相手側との、よりよい人間関係を保つために、お役に立ちたい、地方によってこんなに違うことを理解してもらい、お互い譲り合って気持ちよく「祭」が運ぶようにと、お役立ちできたらと思う。

【祭】関西地方の節分の風習 恵方巻

関西の方では、節分の日に毎年異なる方角(恵方)に向かって、太巻きを食べるという風習があるそうです。

【祭】山形県庄内地方のひな祭りに欠かせない「ひな菓子」

 目と舌で楽しむ「ひな菓子(ひな生菓子)」

[ 雛祭り ]

【祭】お屠蘇の飲む順番は?

 お屠蘇をのむ順番は?

[ ]
カスタム検索
冠婚葬祭用語辞典 TOPへ